エリザベス女王のおちゃめなエピソードとは?愛犬コーギーやチョコレートについても調査!

エンタメニュース
Pocket

今回はエリザベス女王のおちゃめなエピソードとは?愛犬コーギーやチョコレートについても調査してみました!

2022年9月8日にイギリスの君主として、歴代最長となる70年にわたって在位してきた、エリザベス女王が96歳で亡くなりました。

この在位期間は過去1世紀で世界中で最も長く君臨していた君主だそうです。

またエリザベス女王が亡くなった事で、代わりの国王としては長男のチャールズ皇太子が即位しました☆

エリザベス女王の功績をたたえ、深い悲しみや敬愛の念はイギリス全土だけでなく、世界中から追悼する声があがっています。

ただ、私は長く在位されていたくらいしか把握しておらず、どんな方だったのか気になりましたので、今回はエリザベス女王のおちゃめなエピソードとは?愛犬コーギーやチョコレートについても調査してみます!

 

エリザベス女王のおちゃめなエピソードとは?

考察してみましょう(*^^*)

 

エリザベス女王とは?

正式には「エリザベス2世」で、全名は「エリザベス・アレクサンドラ・メアリー・オブ・ウィンザー」になります。

イギリスのウィンザー朝(イギリスの王朝)の第4代女王として、1952年2月6日~逝去の2022年9月8日まで70年以上、女王として務められました。

また、14か国の英連邦王国及び王室属領や海外領土の君主・イングランド国教会の首長も務められていました。

在位は25歳の時ですが、弱冠10歳の時から王位継承順位第1位となり、王位推定相続人として帝王学を学ばれながら過ごされていました。

生まれながらにして、女王が約束されていたエリザベス女王ですが、在位前20歳の時にイギリス王族の故エディンバラ公爵フィリップ王配(フィリップ・マウントバッテン)と結婚され、チャールズ皇太子はじめ3男1女を出産されました☆

エディンバラ公爵フィリップ王配は政治に介入する意思は無く、エリザべス女王を支える立場として、生涯寄り添っていきました。

また王配とは、女王と共同で君主として君臨するわけでなく、女王の配偶者という称号になります。

夫妻は公務に追われ、子供達に親として接する事が中々出来なかった事が、子供達の不倫や離婚を巻き起こしてしまった1つの要因とも騒がれてしまい、1969年に放送された、女王一家を題材にしたドキュメンタリー番組はイギリスで75%の視聴率となり、大変注目されている事や親近感を抱いた一方で、以前敷かれていたマスコミも「王室のプライバシーについては触れない」というルールは無くなり、ダイアナ妃の逝去や子供達のスキャンダルにより、国民の不信が募ってしまう風潮も呼んでしまいました。

王室不要論や度重なるスキャンダルで立場が危うくなろうとも、「王室はなくてはならぬもの」と自国民はおろか世界中に示し続けるために、こちらでは紹介しきれないくらい、世界中の数え切れない紛争や悪化する情勢を好転させようと、身を粉にして公務に邁進されていたエリザベス女王ですが、おちゃめな一面もたくさんあるそうで、次から考察してみましょう!

 

おちゃめな一面は?

批判的な声がありながらも、70年もの間女王として在位出来たという事は、批判よりも支持の方が圧倒的に多く、実はお茶目だった事も支持の要因となっておりましたので、ご紹介します(*^^*)

・犬とチョコを愛していた(*^^*)

コーギーが好き過ぎて、女王が長年コーギーを愛していたので、コーギーはイギリスの象徴になるほどだったそうです!

Queen's Corgis

また、食べ物の制限が多い王室の決まりも何のその、ローズとバイオレットのチョコレートを愛し、チョコを見ると目を輝かせていたそうです(*^^*)

queen elizabeth ii attends centenary annual meeting of the national federation of women's institute

 

・学生からもらった「お手振りマシーン」を愛用していた。

長時間手を振る公務が多いため、オーストラリアの学生から手が疲れた時用に、木製のお手振りマシーンをプレゼントされ、喜んだ女王は時折マシーンを使っていたそうです(*^^*)

Headgear, Hat, Hand, Smile, Finger, Sun hat, Gesture, Sitting, Fashion accessory,

 

・知らない観光客と素性を明かさず世間話をする。

女王と知らない観光客に話しかけられ、素知らぬ顔で世間話に花を咲かせたそうです(*^^*)

 

・スタッフに暖かかった。

妻がガンに侵されたスタッフには、妻の看病を最優先にさせて、子供の世話や面倒を見るよう手配してくれたそうです。

こちらもまだまだ紹介しきれませんが、愛犬やチョコレートにはまだまだエピソードがあるそうで、ご紹介させていただきます(*^^*)

 

エリザベス女王の愛犬コーギーやチョコレートについても調査!

ご紹介します\(^o^)/

 

愛犬との歴史

エリザベス女王, コーギー, ロイヤルコーギー,愛犬,在位70年,愛犬家

エリザベス女王が7歳の頃に、イギリス王室で初めてコーギーを迎え入れてから夢中でしたが、愛犬との最初の出会いは、18歳の誕生日にコーギー犬のスーザンという犬をプレゼントされてからでした(*^^*)

犬種はペンブローク・コーギーで、長年に渡り女王の忠実な友となり、フィリップ殿下とのハネムーンにも同行したほどでした!

「コーギーは家族」と公言するエリザベス女王は、お抱えのシェフや面倒を見るスタッフを準備して、8匹のコーギーを飼ってる際も、8匹それぞれに合わせた違うメニューを準備していたそうです!

tim grahamgetty images

ただ、自信の寿命を感じ取っていた女王は、2012年に今まで継続していた子犬の繁殖を止める決意をしました。

自身に何かあった際に子犬を残して死ねないという事で、本当に家族のように慕っていた事が伝わってきますね(*^^*)

 

愛したチョコレートは?

食事制限に厳しい英国王室の決まりも何のその、チョコレートに目がないと有名なエリザベス女王でした(*^^*)

チョコレートケーキなども愛している中、長年愛して止まなかったのがエリザベス女王お気に入りのチョコレート専門店シャルボネル・エ・ウォーカー(Charbonnel et Walker)で、同店は1875年に英国初のチョコレート専門店として創業したそうです。

IMG_4596

当時は皇太子だったエドワード7世の奨励を受けて、イギリスのミセス・ウォーカーと、パリの高級チョコレート店のマダム・シャルボネルの出会いで誕生したため、二人の名前がブランド名になってそうです\(^o^)/

IMG_2931

特にお気に入りなチョコレートは、すみれの花の砂糖漬けがのったヴァイオレット・クリーム味で、少し酸味があって独特の風味がクセになる美味しさだそうです。

バラの花の砂糖漬けがのっているローズ・クリームは、華やかでふくよかな香りがビターチョコとよく合うそうです。

価格は185g入りが20ポンド(約3000円)、500g入りが70ポンド(約1万円)と、高級チョコですが、1度は食べてみたいですね(*^^*)

 

まとめ

今回はエリザベス女王のおちゃめなエピソードとは?愛犬コーギーやチョコレートについても調査してみました!

女王を知らない観光客とは素性を明かさずフランクに世間話に応じてみたり、長時間手を振る公務が多いため、オーストラリアの学生から手が疲れた時用に、木製のお手振りマシーンをプレゼントされ、喜んだ女王は時折マシーンを使っていたりと、愛されエピソードがたくさんありました(*^^*)

初めて飼ったコーギーの愛犬スーザンを始め「コーギーは家族」と公言し、専属のコックを準備したりと、長年愛し続けたそうです(*^^*)

愛したチョコレートは「シャルボネル・エ・ウォーカー」の「ヴァイオレット・クリーム味」だそうで、市販でも購入出来るそうです(*^^*)

今回はエリザベス女王のおちゃめなエピソードとは?愛犬コーギーやチョコレートについても調査しましたが、世界中から「理想のおばあちゃん」と愛されたエリザベス女王2世が安らかに眠られる事を心からお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました