ガーシーと秋田新太郎は革命家?ドバイの支援者についても調査!

ニュース
Pocket

今回は「ガーシーと秋田新太郎は革命家?ドバイの支援者についても調査!」についてお送りします!

皆さんは突如現れ「有名人暴露」で一躍有名になり、旧NHK党から「政治家」となり、72年ぶりの「除名」となったあげく、「逮捕」されてしまいそうなガーシーはご存知かと思いますが、いくらSNS全盛と言われていても、ガーシーがなぜいきなり有名になれたのか?なぜガーシーがドバイに行ったのか?

そこにはドバイの支援者がいたんですね。

それが秋田新太郎という人物で革命家と言われていて、ガーシーの黒幕と言われています。

今回はそんながーシーと秋田新太郎の関係について調査していきたいと思います。

 

ガーシーと秋田新太郎は革命家?

ご案内します!

 

革命家の秋田新太郎とは?

そもそも秋田新太郎さんとは、太陽光発電システムの販売会社「エステート24ホールディングス」の経営者として知られていますが、20代で年商150億円以上を売り上げ、とんでもない若手実業家です。

当時のネオヒルズ族と呼ばれた1人で、筆頭の「与沢翼」さんとも交流が深いそうで、一時は「東の与沢・西の秋田」とまで呼ばれた成功者としていました。

ただ与沢翼と同様に隆盛は永遠でなく、2022年に福島電力が業務上横領容疑で逮捕された際に、手助けをすると見せかけて、その際に発生した弁護士費用の220万円を着服したそうです。

また粉飾決算などでも容疑をかけられ、裁判をするにも有罪判決を受けています。

ただ、最近のガーシーのやり口に似通っていますが、秋田新太郎も逮捕される前にはすでに出国していたんですね。

その後には偽名を使いシンガポールに移住しましたが、現在は「旅券法違反容疑」で逮捕状は取り、パスポート返納命令で国際手配されています。

ただ現在も多大な資産を確保しながら国際手配されているも、日本警察も手が及ばない状態でドバイにいて、仮想通貨で儲けていたり、色々な情報発信されています。

そんな秋田新太郎さんがどんな方なのか深掘りしていきます。

 

秋田新太郎のプロフィール

名前 秋田 新太郎(あきた しんたろう)
生まれ 1985年1月20日(37歳)
出身 大阪府東大阪市
最終学歴 大阪府立高津高
結婚歴 室佳代子(元NMB48 室加奈子の姉・2014年~2016年)

元NMB48 木下春奈(2018年~2022年離婚?)

現彼女:モデル渋谷愛美

先程実業家としての経歴をお伝えしましたが、幼少期から優秀であった秋田新太郎は府内有数の進学校である大阪府立高津高に進学します。

運動神経も良く、所属したラグビー部では大阪の高校選抜にも選出される程の能力を持っていました。

ただ強烈な性格も併せ持ち、暴力事件を起こしてしまい、将来を嘱望されていながらもラグビー部を退部してしまいます。

高校は卒業しながらも、府内有数の進学校にも関わらず進学でなく就職の道を選びます。

そして厳しい営業で有名な「光通信」「デジコム」という2社で働き、優秀な営業成績を収め「エステート24ホールディングス」という会社を起業しました。

こちらの2社も起業する実力やノウハウを学ぶ意志があったかと思いますし、進学校に通いながら進学の道を選ばなかったのは、自身の強烈な野心や納得いかない事があれば暴力を振るってしまう強烈な性格を自己分析した上で、雇われの道でなく、当時から起業の道を考えていたのでは無いかと思われます。

そして先程お伝えした通り、若くして成功を収め、甘いマスクを武器に「関西コレクション」のスポンサーをつとめるなど、アイドルとも関係を深め、最初は元NMB48アイドルの姉と結婚し、その際に元NMB48メンバー木下春奈と不倫の末、結婚する事になりました。

現在は国外逃亡中の身という事もあり、モデル兼インフルエンサーの渋谷愛美とパートナーという形で、渋谷愛美の経営するレストランを手伝っているという形で表舞台には現れないように振る舞っている形になります。

実業家とアイドルには「アテンダー」がいる。

今では常識になりましたが、この頃からガーシーと秋田新太郎の親交があったかとされています。

次からはその事について触れていきます。

 

ガーシーのドバイの支援者についても調査!

ご案内します!

 

ガーシーのドバイの支援者・秋田新太郎

こちらは「悪党」というガーシーの本から情報を得て、「黒幕A」という名前で描かれていましたが、間違いなく秋田新太郎の事かと思われます。

かねてからガーシーと秋田新太郎は「賭け麻雀」をする中で、プロ級の腕前を持つガーシーのカモにされていました。

たくさんのお金を奪われたものの、持ち前の負けず嫌いと研究熱心な性格で、3年が経過する中で、時にはガーシーを打ち負かすこともあったそうです。

それだけでなく、今では知らぬ者はいないレベルの有名女優が、売れる前のお小遣い稼ぎさせるため、ガーシーが斡旋していた事もあって、親交を深めていったそうです。

そして最初の「BTS詐欺事件」でガーシーの周りから人が離れていった中、秋田新太郎は「何かあればこちらに来て下さい。手助けしますから。」と話していたそうで、当時リスクしかないガーシーを当時の自分と重ね、今までガーシーにお世話になっていたにも関わらず、都合が悪くなるやいなや離れていった周りの人間が許せなかったと語っていました。

内容が内容なので何とも言えませんが、心情としては男気のある素晴らしい対応かと思いました。

そこからガーシーが「110円だけ握りしめてドバイに来た」という発言は、秋田新太郎に助けを求めるためだったのかと話が繋がってきますね。

 

ガーシーと秋田新太郎とドバイの支援者の馴れ初めと現在

今のガーシーとは打って変わって、憔悴しきってうつむいたままだったそうですが、まずは秋田新太郎の家に招き入れ、今後どうしていくか尋ねたところ「何も考えられへん」と、当時のガーシーは答えたそうですが、「離れていった人間の裏の顔をYoutubeで暴露すればいい」と進言したのも、秋田新太郎だったそうです。

当時ガーシーもそこまで反響を呼ぶとは思っていなかったようで、半信半疑でしたが、飛ぶ鳥を落とす勢いで、一時は国会議員になるまでとなり、秋田新太郎の先見の明が間違いないという事を実証させました。

現在は議員を除名されてしまったガーシーですが、秋田新太郎と同じく「旅券法違反容疑」や訴訟の関係で帰国命令が下りています。

77歳のお母さんが住む実家に「家宅捜索」が入り、涙を流して謝罪するガーシーを始めて見ましたが、日本の国家権力を相手にガーシーと秋田新太郎が共に革命家として、どのように展開されるていくのか、今後も注目していきたいと思います。

 

まとめ

今回は「ガーシーと秋田新太郎は革命家?ドバイの支援者についても調査」についてお送りしました!

自らを革命家として名乗る秋田新太郎は、かつては20代で年商150億円以上を売り上げた起業家でしたが、様々な罪により現在ドバイに国外逃亡している身でした。

それにより、何もかも失ったガーシーのドバイの支援者として後方支援して、ここまでの怪物を生み出した黒幕とされています。

国家権力も今までに無い動きをして、ガーシーを追い詰めていく様相が見えますが、そんなガーシート秋田新太郎にどのような展開があるのか、今後も注目していきたいと思います。

 

コメント