アモウハジさんは世界一汚い男?風呂が死因で死去したのか調査!

エンタメニュース
Pocket

今回はアモウハジさんは世界一汚い男?風呂が死因で死去したのか調査します!

半世紀以上お風呂に入らずギネス公認ではありませんが、明らかに「世界で最も汚い男」と称された、94歳で死去したイラン人男性のアモウ・ハジさんが23日に亡くなりました。

ハジさんは独身で生涯を終えて、南部ファルス州の村で亡くなりましたが、なぜ風呂に入らなかったのかというと「病気になること」を恐れて入らなかったのですが、数ヶ月に村人たちでハジさんが汚すぎたため身体を洗ったそうです。

そんなアモウハジさんですがどんな半生を歩まれたのか気になりましたので、アモウハジさんのご冥福をお祈りしながら、アモウハジさんは世界一汚い男?風呂が死因で死去したのか調査します!

 

アモウハジさんは世界一汚い男?

どんな方なのか考察してみます。

 

生い立ちや経歴

1928年イランにあるファールス州南部のディガ村という場所で生まれました

若い頃の精神的な挫折というのは、青春期に何度かフラれてしまった経験から、人と関わる事が怖くなってしまい、村の中でも孤独な生活をする事を選びました。

また理由は定かではありませんが、その時に「石鹸と水は病気の元になってしまう。」「風呂に入って滑ったら死んでしまう。」というきっかけで風呂に入らなくなってしまいました。

逆算するとこの時アモウハジは13歳の頃からお風呂に入らなくなってしまったそうです。

また、こちらも根拠不明ですが、主な食事は動物の腐った肉で特にヤマアラシを食べる事を好み、動物の糞の煙を詰めたパイプをタバコ代わりとして吸っていたそうです。

半世紀身体を洗わなかった」男性が死去。数カ月前に身体を洗った後、体調を崩していた。イラン | ハフポスト WORLD

飲み物は錆びた缶で、1日5リットル以上の水を飲んでいたようで、また散髪は自身の髪の毛やヒゲを火で炙り、寝床に関しては自分でお墓のような穴を掘って寝ていたそうです。

また冬の寒さを凌ぐためには、戦時中に使用したヘルメットをかぶる事だったそうです。

それでも大きな病気にかかったことはなく、清潔が素晴らしいと叫ばれている昨今では考えられない独自のライフスタイルが、アモウハジには適していて長生きに繋がった事と考えられます。

亡くなる直前の2022年の初めにも、診断して異常は無く、以前の診断でも感染症を引き起こすトリキネラという細菌が寄生していたにも関わらず、発症していなかったそうで、アモウハジが一般人に比べ、免疫が異常に発達していた事を実証していました!

度を越えている感はありますが、昨今のコロナ禍で余計に単純にキレイにしよう距離を保とうという意識が、自身の免疫力を低下させている弊害も考えられますね。

また、どうやって生活していたのか?と思いますが、孤独で無職のアモウハジでしたが、同じ村人たちが世話をしてくれていて、レンガの家を作ってくれたり、タバコなどを支援してくれていたそうです。

殺されたなんてウワサもありますが、周りの人々は優しく接してくれていたんですね。

 

映画化されていた!

この特異な人生を歩んだ男を国でも注目していて、短編ドキュメンタリー映画「アモウ・ハジのおかしな人生」という題名で、ジャムシッド・ハヴァリ監督により制作され、第7回イラン国際映画祭でも上映されました

日本のホームレスや部屋をゴミ屋敷にしてしまう方にも言える事ですが、周りから見たら些細なきっかけや1つのキズが残りの人生を変えてしまうほどショックだった、傷ついてしまう繊細でデリケートな方で、自身の心の穴を埋めるために、逆にこのような生活を選んだ事と思います。

現代社会の波に乗れていない人、無理矢理乗って壊れてしまう人、色々な方がいらっしゃいますが、早くに社会から外れて、人と関わる事を止めて、良いとされる事をしなかった事が、逆に自身の免疫力を強くしていたという結果を体現してくれていました。

人と一緒がいい、キレイにする事がいいという思想が、全てではないのかなと改めて考えさせられました。

「世界一汚い」や、映画では「おかしな人生」と評されてしまっていますが、ご自身にとって良い人生であればそれで良いのではないでしょうか?

 

アモウハジさんは風呂が死因で死去したのか調査!

なぜ亡くなったのか深掘りします!

 

亡くなった理由は?

アモウハジ実は殺されたんじゃないか?

なんて声も挙がっていますが、94歳というご高齢という事で、単純に寿命なのではないか?という可能性も考えられますが、2022年始めの診断では異常が無く、2022年の中頃に入浴させた直後から体調を崩し始め、その数ヶ月後に亡くなってしまったそうです。

1番言われているのが、水が怖くて何十年もお風呂に入っていない人間をお風呂に入れて身体も心もショックを受けてしまった事により、ビックリしたストレスにより亡くなってしまったのではないかなと思います。

アモウハジさんに身寄りは無く、真相は闇の中ですが、代わりにどんな方なのか調査してみましょう。

 

風呂に入らない風習

80歳の時に取材されていたアモウハジですが、その時には67年お風呂に入っていなかったようで、計算すると13歳の時からお風呂に入っていなかったんですね!

亡くなった時には94歳でしたので、80年以上もの間お風呂に入っていなかった事になります!

色々とクセが強いのは間違いありませんが、風呂に入らなくなったきっかけは、若い頃に感情的に挫折してしまった経験があり、その後からお風呂に入らなくなってしまったという事でした。

改めてアモウハジさんのご冥福をお祈りします。

 

まとめ

今回はアモウハジさんは世界一汚い男?風呂が死因で死去したのか調査しました!

殺人などのウワサもありましたが、周囲の人間からはお世話や援助をしてもらい、お風呂に入れられた事も一因かと思いますが、94歳という年齢ですので大往生だったかと思います。

女性にフラれた事が原因で、お風呂に入らなくなり、腐った肉を食べ、動物の糞をタバコの代わりに吸っていましたが、アモウハジなりの理論があり、寄生虫が悪症状を起こせないくらいの免疫力を身に着けていました!

今回はアモウハジさんは世界一汚い男?風呂が死因で死去したのか調査しましたが、どんな風に揶揄されても、自身の生き方を貫いた男の意地を見せられましたが、アモウハジさんのご冥福を改めてお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました