前山剛久の文春LINEの内容がやばい!神田沙也加との音声や小島みゆが誰かについても考察!

エンタメニュース
Pocket

今回は前山剛久の文春LINEの内容がやばい!神田沙也加との音声や小島みゆが誰かについても考察してみます!

2022年6月30日に芸能界引退を発表された前山剛久さんですが、皆さんご存知でしょうか?

ワタナベエンターテインメント所属で、2010年デビューでD-BOYSに加入したり仮面ライダーウィザードに出演されたりと将来有望な俳優さんでしたが、当時交際されていた神田沙也加さんが昨年2021年12月に急逝されてしまい、今年1月5日から心身不調のため活動休止されていましたが、今回本人からの申し出で引退される事になりました。

神田沙也加さんが亡くなってショックではあるかと思いますが、かなり問題行動があって大きな影響を及ぼし、誹謗中傷が殺到した事も一因としてありますので、今回は前山剛久の文春LINEの内容がやばい!神田沙也加との音声や小島みゆが誰かについても考察していきます。

 

前山剛久の文春LINEの内容がやばい!

ちょっと問題がありますね。

 

前山剛久ー神田沙也加

昨年12月に神田沙也加さんが亡くなった4日後に事務所を通して公式コメントを挙げられていた際は、「将来を見据えたお話もさせていただいていた」と結婚を考えた真剣交際を発表されていました。

お2人は2021年の8月に舞台で初共演してから親密になり、同年10月頃交際に発展しました。

しかしその前に前山剛久さんは、「小島みゆ」さんというアイドルと交際していたんですね。

2021年の9月に神田さんとの交際当初は「好きな人ができた」といって、小島さんとお別れしたんですが、神田さんとの交際中でも前山さんと小島さんは連絡を取り合っていました。

その際も「小島さんの方が良かった」というような、ヨリを戻したい発言をしていたり、「神田さんと早くお別れしたい」という内容のLINEをして、それに喜ぶ小島さんのコメントもありました。

男女交際のよくある内容ではありますが、そんなものを発見した神田さんの心境は最悪ですよね。

わずか交際2ヶ月の出来事ですが、大変追い詰められていて精神に不調をきたしていたようです。

それ以後神田さんは前山さんに対して、誓約書を書いてもらっていました。

・元交際相手との関係を一切断つことを誓います。

・傷つけた場合は全快するまでメンタルケアします。

・子供が生まれた場合は、離婚せず父親としての責任を果たす事を誓います。

皆さんどう思いましたか?

交際してすぐ誓約書とか縛りが怖すぎるなんて意見もありましたが、私は至って当たり前の内容かと思いました。

そんな誓約書を書かなくても出来るような事を、あえて署名させなくてはいけないくらい、前山さんの素行がよろしくなかったのでは?と考察してしまいます。

 

LINEの内容

先程画像も挙げましたが、神田さんとの交際をめんどくさがる前山さんと、それを面白がる小島さんの盛り上がった内容で、神田さんの愚痴を聞いてもらいたいという前山さんの願いを小島さんが聞き入れるという内容でした。

それに対し小島さんは、

公式に謝罪して関係を戻したいわけではなかったと弁明されています。

小島さん自身も同棲していたマンションを神田さんとの交際により一方的に追い出されてしまったのである意味被害者なのでは?との声もあり、このLINEの件でも小島さんも精神的に病まれてしまったそうです。

しかし真意のほどは定かではありませんが、あのLINE内容では世間の炎上もしょうがないのかと思います。

 

前山剛久と神田沙也加との音声や小島みゆが誰かについても考察!

音声データについて考察します。

 

音声データ公開

まずどんな音声データだったかというと、お2人は同棲しょうとしていて、マンションを2人で借りたにも関わらず、神田さんに無断でもう1部屋前山さんが借りていたそうです。

その際の口論が↓になります。

前山 死ねよ、もう。めんどくせぇな」

沙也加「『死ね』って言わないで」

前山 死ねよ

沙也加 「『死ね』って言わないで」

前山 「(遮るように) 死ねよ

沙也加「(やや涙声で) 何で言うの?」

前山 死ねよ、マジで」

沙也加 「死んだらどうなの?

前山 ん?別に

沙也加 「何とも思わないの?」

前山 「うん」

沙也加 「せいせいする?」

前山 「うん。お前しつこいんだもん、だって」

沙也加「(すすり泣きながら)『死ね』って言わないで。叩きなよ、じゃあ。『殺すぞ』 とかさあ、『死ね』 とか 言うんだったら。 」

前山 殴ったらだって俺、悪くなるじゃん

沙也加「そんなこと言ったって、 『死ね』って言ったって、 『殺すぞ』って言ったって、おんな

じだよ」

前山 いいじゃん、もう死ねば。 みんな喜ぶんじゃない?

沙也加 「私が死んだら?」

前山 「うん」

沙也加 「なんでそんなこと言えるの?みんなに嫌われてる?」

前山 「うん」

こちらのデータは文春のデータで一般公開はされていませんが、あまりにも残念な内容で神田さんが録音して友達に送っていたようです。

まあひどい内容ですね。。。

ネット上では「モラハラがエグすぎる」「神田さんはなんでこんな男と?」といった声もありますが、さらに母である松田聖子さんの事も悪く言っていたそうです。

これでは神田さんもツラかったでしょうし、ご両親の神田正輝さんと松田聖子さんも、今も悲しみに打ちひしがれている事と思います。

 

前山剛久という男

男女交際の成れの果てにとやかく口を挟むのは野暮かもしれませんが、先程の音声データを見てしまうと、前山さんのせいで神田さんが自殺した?としか思えなくなってしまいますね。

どんな育ちしてんだと思ったら、義理の妹が証言してくれています。(家族にもリークされる方なんですね^^;)

ママ山と揶揄されてしまっていますが、前山毛布株式会社というグループ会社を、祖父が経営していて前山さんも監査役として名を連ねていました。

実家はお金持ちで、母親に溺愛されて常に鏡を見るナルシストで、何かあればすぐママに泣きついていたそうです。

妹さんにも内情をリークされるほどよく思われていなかったそうですが、今回芸能界を引退してもママに泣きついて祖父の会社に入らせてもらえばいいと思っていそうですが、すでにネット上では「前山毛布は不買」という触れ込みが出ているようです。

公人として大人として、少しでも相手の事を考えて行動していれば、神田さんは亡くならずに済んだかもしれませんし、親族にも迷惑をかけずに済んだかもしれませんね。

 

まとめ

今回は前山剛久の文春LINEの内容がやばい!神田沙也加との音声や小島みゆが誰かについても考察してみました!

タイトル通り、文春LINEの内容も音声もやばかったです。

前山さんの元カノ小島さんと神田さんは面識無く、話の中心はやはり前山さんです。

その人間の立ち振舞がおかしければ、こんなにも悲しい状況を生み出してしまうんですね。

今回は前山剛久の文春LINEの内容がやばい!神田沙也加との音声や小島みゆが誰かについても考察してみましたが、神田沙也加さんのご冥福を心よりお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました