武藤敬司はイケメンでかっこいい?若い頃の画像やスキンヘッドにした理由も紹介!

格闘技
Pocket

今回は武藤敬司はイケメンでかっこいい?若い頃の画像やスキンヘッドにした理由も紹介します!

2022年6月12日(日)に引退表明をした伝説のプロレスラー武藤敬司さんですが、現在59歳!で来春引退予定という事で、12月生まれの武藤さんは還暦を迎えての引退となります。

バラエティ番組でも活躍されていて、モノマネの神無月さんでもお馴染みで、若い方は面白いおじさんという印象しかないかもしれませんが、1990年代のプロレスブームの一時代を担ったスター選手でした。

そしてスキンヘッドで白ひげの印象も強いんですが、実は若い頃はイケメンで有名なプロレスラーだったんです(^^)

今回の引退表明をきっかけに、今の印象しか無い方も多いかと思いますので、武藤敬司はイケメンでかっこいい?若い頃の画像やスキンヘッドにした理由も紹介したいと思います!

 

武藤敬司はイケメンでかっこいい?

↑にもあるように意外過ぎますが考察してみます(^^)

 

武藤敬司という男

数あるプロレスラーの中で「天才」と称されていた武藤敬司さんですが、個性派揃いの新日本プロレスの面々の中でもずば抜けて華がありました☆

「破壊王・橋本真也」と「黒のカリスマ・蝶野正洋」「プロレスリングマスター・武藤敬司」このキャラが立ち、プロレス界を席巻した「闘魂三銃士」が同じ日に入門しているなんて、とんでもない運命ですし、3人が3人自身の個性を発揮した素晴らしい3人ですが、今後闘魂三銃士を超える存在は現れないんじゃないかと思います。

ただ、188cm110kgの巨大な身体を長年酷使してきたツケが両膝にまわってしまいました。

2010年になる頃には右膝を4回・左膝を1回手術していて、現在の医学では回復不可能となってしまい2018年には人工関節を入れる手術をして下肢の不自由という診断をされています。

両膝を何度も手術するほど酷使して、ロングタイツを愛用しているのも、その下には何重にも巻かれたテーピングを隠しすためだそうです。

なんでそこまで身体を壊してまでプロレスを続けるのか?

そこに武藤さんのテーマである「プロレスLOVE」に繋がっています☆

↑このポーズも「プロレスLOVE」を表しているんです\(^o^)/

性格もマジメで熱い方だそうで、後輩イジメが当たり前の業界で橋本真也さんが後輩をイジメていたのも否定していたそうです。

正義感も強いので、酔っ払った先輩を制止したりもしたそうですが、縦社会の日本プロレス界の居心地が良くなかった事もあり、アメリカは居心地が良いと話されていたそうです☆

 

グレート・ムタという男

1988年に2度目の海外遠征に出発した際にもタイトルを獲得した、「ザ・グレート・カブキ」さんの息子役で、語り継がれる名キャラクター「グレート・ムタ」が誕生します☆

まさか正体は大仁田厚?グレート・ニタ!本家ムタとの決戦が忘れられない! - Middle Edge(ミドルエッジ) 昔のペイントだった時のグレート・ムタと、最近のマスクマンみたい... - Yahoo!知恵袋 MUTA : ツヨシは泣いてツヨくなる。

 

どれも「グレート・ムタ」になりますが、「ジャニーズレスラー」からの変貌具合がハンパじゃないですね!

正統派のベビーフェイスからヒール役への変貌ですが、アメリカでも大人気になったので、帰国後も武藤敬司とグレート・ムタの二刀流で、日本プロレス界を盛り上げていきます!

その後も日本とアメリカを行き来しながら、プロレス大賞のMVPに選ばれたり、全日本プロレスにも参戦して、史上初の六冠王者にも輝いています☆

この頃から徐々に変貌していく部分が出てきましたので、次から考察していきます。

 

武藤敬司の若い頃の画像やスキンヘッドにした理由も紹介!

なぜイケメンがあえてスキンヘッドに?考察してみます!

 

若い頃の武藤さんは

元々柔道で国体経験もあって、全日本強化指定選手にも選ばれた武藤さんですが、専門学校時代の先輩から紹介され、1984年21歳で新日本プロレスに入門しました☆

同日入門の蝶野正洋さん・橋本真也さんとは後に「闘魂三銃士」と言われ、新日本プロレスの看板になります!

入門当初は厳しい練習に音を上げた事もありましたが、元々の柔道経験も生かされて大御所のアントニオ猪木さんや坂口征二さんと互角にスパーリングをしていたそうです。

次年度の1985年には海外遠征をしたりと徐々に頭角を表し、プロレス雑誌には「ジャニーズ系レスラー」と評されてきました☆

 

武藤敬司の結婚相手の嫁は芦田久恵!元タレントで馴れ初めは紹介だった? | コネコネそっと。

 

↑ カッコいいですよね♪ ↑

この頃は男性の観るものだと思われていたプロレスですが、武藤さんのおかげで女性ファンも増えたようです♪

ここから「ジャニーズレスラー」が変わっていくので考察してみます。

 

ジャニーズからスキンヘッドへ

売れていないレスラーがキャラ作りでスキンヘッドならよくわかるのですが、プロレスラーとしてキャラも立っていて大スターであった武藤さんが、今更スキンヘッドに?という感じですが、1990年後半から絶頂期であるにも関わらず、「髪がヤバいぞ!」というヤジも飛び始めました…。

武藤敬司 - アンサイクロペディア

橋本真也さんも同じ様な状態でしたが、髪を引っ張られたりするプロレスラーは、やはり頭皮に負担もあるんでしょうか?

意を決した武藤さんですが、2000年大晦日のINOKI BOM-BA-YE 2000で国内復帰の際から、スキンヘッドに変身しました!

そこからは今の皆さんご存知の白ひげスキンヘッドの武藤敬司さんになりました☆

 

引退理由は?

そんなプロレス愛が強くプロレス好きを集めるために、年齢を重ねて身体を酷使してでもプロレス界に貢献してきた武藤敬司さんですが、先述の通り下肢不自由と認定されるほど人工関節が入ったボロボロの膝に加え、股関節も変形し始めてしまっているそうで、将来は股関節も人工関節にしなければいけないそうです。

武藤さんは「まだまだプロレスしたいよ。」と語っていたそうですが、股関節を人工関節にした場合はプロレスどころか運動も満足に出来なくなってしまうそうです。

身体を壊してまでプロレスに殉ずる武藤敬司さんに、プロレスだけでなく人生にも美しさを感じています☆

 

まとめ

今回は武藤敬司はイケメンでかっこいい?若い頃の画像やスキンヘッドにした理由も紹介させて頂きました!

1984年21歳でデビューした武藤敬司さんは、若い頃は「ジャニーズレスラー」と称され、ベビーフェイスとして歓声を集めていましたが、渡米した際に「グレート・ムタ」が大人気となり、徐々にジャニーズレスラーから変貌を遂げていきながら、髪の毛に心配が見え始め、2000年大晦日の日本復帰と合わせてスキンヘッドに変身を遂げました!

結論、髪型がどうであれ稀代の天才レスラーであり、いくつになっても華やかで味のある武藤敬司さんですが、長年酷使し続けたヒザの変形故障に加え、股関節も変形が始まってしまったそうで、還暦目前でしたが、40年近くのプロレスラー人生に幕を閉じようとしています。

レジェンドレスラー達の一時代が終わっていく感じがして非常に寂しく思い、今回は武藤敬司はイケメンでかっこいい?若い頃の画像やスキンヘッドにした理由も紹介させていただききましたが、「天才・プロレスリングマスター」の幕引きを、最後まで応援し続けたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました