RIZIN榊原信行の経歴がひどい?年齢や高校どこかも紹介!

RIZIN
Pocket

今回はRIZIN榊原信之の経歴がひどい?年齢や高校どこかも紹介していきます!

「THE MATCH 2022」はK-1とRISEの間に入って尽力してきました、RIZIN実行委員長榊原信行さんの黒い交際?が問題視されていたのかと騒がれてリアルタイムの地上波は無くなってしまいましたね(T_T)

記者会見時も憔悴した榊原さんの様子と、シロと言いつつも歯切れが良いとは言えない回答でしたが、「自分が原因なら退任も辞さないので、何とか地上波放映をお願いしたい。」という悲痛な叫びを上げられていました。

私自身は黒い交際で失敗した「PRIDE」時代の過ちを糧に再起しているので、その言葉にウソはないと思いながらも、どうしても飲み込まなければいけない付き合いもあるのではと、想像してしまいますが、そもそも榊原さんはどんな経歴か興味を持ちましたので、今回はRIZIN榊原信行の経歴がひどい?年齢や高校どこかも紹介してみようと思います!

 

RIZIN榊原信行の経歴がひどい?

どんな経歴なのか洗っていきましょう!

 

榊原さんの活動

今はRIZIN実行委員長を努められていますが、まず愛知県の大学を卒業した後は、「東海テレビ」のイベントを企画したり運営する子会社の「東海テレビ事業株式会社」に就職されます☆

元は格闘技関係でなく俗に言うTVマンだったんですね!

会見を見てもエンタメを理解している印象がありましたが、当時の経験が生かされていたのではないでしょうか☆

TVマンとして活動されていた榊原さんは、1990年代大ブームとなっていたK‐1に影響を受けて、当時の代表である石井館長を紹介して頂き「名古屋でK-1をやらせて頂きたい」と直談判したそうです!

一介のTVマンが当時の時の人に直談判するなんて、素晴らしいバイタリティですよね☆

その流れで、当時K-1とライバルだったPRIDEに携わっていく事となるんです。

PRIDE運営会社の「DSE」の常務取締役に就任され、PRIDEはk-1と共に一大格闘技ブームを巻き起こしました!

PRIDEは隆盛を極めますが、当時の代表である森下直人さんが亡くなってしまい、それにより榊原さんが代表取締役を引き継ぐ事になりました。

端から見ればここまではひどい経歴どころか、華やかな経歴に見えますが、森下さんの死以後、苦難の連続が続きますので、考察してみます。

 

PRIDE代表以後

なぜ森下さんが亡くなってしまったのかは、不可解な自殺とされ未だに真相は闇の中ですが、その頃から反社との付き合いが発覚してしまい、地上波放送局は格闘技放送から撤退してしまいました。

それにより一大格闘技ブームは終焉を向かえ、そこに目をつけたアメリカUFCの運営をしている「ズッファ社」に興行権を譲渡する事になってしまいました。

榊原さんは自分のせいでこのような事になってしまい、スタッフやPRIDEを守る為に興行権を譲渡したのですが、その後にズッファ社から契約違反の不当な?異議申し立てを起こされてしまい、PRIDEは消滅させられ、UFCが世界的な格闘技コンテンツとして成長を遂げる事になります。

何だかアメリカと日本の構図がよく見えますが、結局吸収して利用されてしまったのでは無いかと思います。

ズッファ社に日本での総合格闘技イベント開催も制限されてしまった榊原さんですが、畑違いのサッカーJリーグのクラブチーム創設に携わります!

沖縄初の「FC琉球」を立ち上げられ、かの有名な元日本代表監督も務めたフィリップ・トルシエ監督を招聘したり、JFL(日本フットボールリーグ)の理事も約7年間務められていたんです!

なんだか常人では計り知れない山あり谷ありですが、スケールやエネルギーが計り知れなく、単純にスゴいなと尊敬してしまいます!

その後、やはり格闘技の熱は冷めず、ズッファ社の制限が明けたところで、満を持して2015年に総合格闘技のイベント「RIZIN」を立ち上げたんです!

いきなり「PRIDE」が無くなって、時を経てフッと「RIZIN」が始まったと思うファンの方もたくさんいたかと思いますが、裏では色々な交渉や兼ね合いがあった中で、榊原さんの情熱でまた総合格闘技が地上波で観られるようになったんですね!

裏で何があろうとも尽力されているのは間違いありませんので、一視聴者として応援していきたいと思います!

 

RIZIN榊原信之の年齢や高校どこかも紹介!

榊原さんのパーソナルな部分も考察していきます!

 

出身高校や年齢は?

今では渋くて雰囲気のある榊原さんですが、筋肉もとんでもないですね(^o^)

雰囲気が渋い分年齢がイマイチ分かりづらいですが、1963年生まれで現在は58歳だそうです!

高校は愛知県の県立半田高校出身で、高校時代はサッカーをされていたそうです!

「FC琉球」創設に至ったのも、元々サッカーもお好きで部活としてやられていたんですね☆

そのまま愛知県の愛知大学に進学されて、先程お伝えした通り「東海テレビ事業株式会社」に就職されました!

サッカーも筋トレも趣味だそうですが、色々な事を抱えられていて、やはり強靭な肉体を作り上げたくなるんでしょうね☆

 

「THE MATCH 2022」どうなる?

週刊ポスト報道の流れ

週刊ポスト音声データ

2015年に「RIZIN」を立ち上げ、その直後から待望されていた「那須川天心VS武尊」は両者の勝ち負けにより、「K-1」「RISE」両団体に優劣がついて、団体の存続に悪影響が起こる事を危惧して実現不可能かと思われていたのを、榊原さんが橋渡しとなってこのまま来たんです!

当初はフジテレビのコンプラチェックもクリアしたと榊原さんは明言していましたが、色々な妨害をしてお金を得ようとする人間達が、グレーラインであったとしても、火消しに奔走した榊原さんを逆に利用して、証拠を集めてフジテレビに待ったをかけたんではと思います。

当初コンプラチェックをクリア出来た以上、現状は真っ黒では無いのではと言えるかと思いますが、グレーな部分を突かれている状況かと思いますので、榊原さんの進退も含み今後も追記していきます!

 

まとめ

今回はRIZIN榊原信行の経歴がひどい?年齢や高校どこかも紹介させて頂きました!

1963年生まれで現在58歳の榊原社長の経歴はひどいというより山あり谷ありでした☆

TVマンからK-1に感化され、初のK-1名古屋大会開催→そのノウハウを生かしPRIDE運営に携わる。一大格闘技ブームの火付け役として活躍するも、反社との交際・当時の社長の不可解な死によって、ブーム終焉したところ、アメリカUFCに買収・利用され潰されてしまいました。

それでもめげない榊原社長は、今度は愛知県立半田高校時代のサッカー部の経験を生かし、沖縄初のJリーグクラブチーム「琉球FC」を創設して、かの有名な元日本代表監督も務めたフィリップ・トルシエ監督を招聘したり、JFL(日本フットボールリーグ)の理事も約7年間務められていました!

UFCの制限も解かれて2015年「RIZIN」発足して、コロナ禍にも関わらずナンバーシリーズは30を越えて、とうとう「那須川天心 VS 武尊」を実現決定するまでに至りました!

それもひとえに清濁飲み合わせた榊原さんの努力や想いが大きく働いていますし、フジテレビも1度決定したものを覆すのであれば、国民の期待を煽った説明をするべきだと思います。

反社との交際を肯定するわけではありませんが、格闘技がダメで、他のスポーツやジャンルでは一切反社との交際は無いのでしょうか?

過酷な減量や命の危険を冒してまで、もう1度格闘技をメジャーにと戦う事の素晴らしさや美しさを伝えたい一心で頑張ってきた、武尊・那須川天心はじめ格闘技選手達の想いはどうなるのでしょうか?

朝倉未来選手の言う通り、「格闘技選手は命を賭けて戦っているのだから、むしろお金を払って観るべきだし、もはや地上波の影響力も以前ほど無いので、逆にこの試合をきっかけに海外のようにPPVで観れば、今後格闘界の活性化や収益にも繋がり、選手達の生活保証も拡充されるようになる。」

一ファンでしかない私はプロ格闘家の意見は大変響いてごもっともでしたが、やはり「那須川天心 VS 武尊」はTVで観たいですね!

皆さんは様々な意見あるかかと思いますが、どうでしょうか?

今回はRIZIN榊原信行の経歴がひどい?年齢や高校どこかも紹介させて頂きました!

話が逸れてしまいましたが、今後も榊原代表や格闘技界を追い掛けていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました