台風18号たまご(2022年)は千葉に来る?現在の場所や米軍の進路予想も考察!

エンタメニュース
Pocket

今回は台風18号(2022年)は千葉に来る?現在の場所や米軍の進路予想も考察していきます!

こちらでも注意喚起出来たらと思いますので、今回は台風18号たまご(2022年)は千葉に来る?現在の場所や米軍の進路予想も考察していきます!

 

台風18号たまご(2022年)は千葉に来る?

これからさらに追記していきます!

 

台風発生

引き続きお気をつけ下さい。

 

千葉の進路は?


経過見えましたら追記します!

 

2019年の台風と比較

2019年の台風は10号が広島県に29年ぶりに上陸したり、関東史上最強の台風と呼ばれ、千葉県に甚大な被害を及ぼした「15号の令和元年房総半島台風」と、「19号の令和元年東日本台風」が発生しました。

3年経った今でも千葉県の房総半島では、15号の爪痕は未だに色濃く残り、屋根にブルーシートを掛けている家もあり、屋根業者は台風復旧作業をする場合もあるそうです。

19号に関しては東日本および東北地方の広範囲に記録的な豪雨をもたらし、箱根の12時間降水量は729.5mmとなり、当時アメダス日本記録の1998年に記録した高知県695.5mmを大きく越えるほどの大雨となりました。

また主要河川の千曲川、阿武隈川や多摩川の氾濫により、128箇所の堤防決壊を引き起こしました。

台風19号 判明の被害拡大 - YouTube

一連の豪雨は13都県を大雨特別警報の発表対象に、また7県71河川、前年の2018年(平成30年)に気象庁が定めた「台風の名称を定める基準」において浸水家屋数が条件に相当する見込みとなったことから、1977年(昭和52年)9月の沖永良部台風以来、42年1か月ぶりに命名される見通しとなりました。

今まで台風で聞いた事も無かった、「激甚災害」「特定非常災害」「命を守る行動を」「地球史上最大規模」などと、とんでもない被害と恐怖を人々に植え付けました。

 

台風18号たまご(2022年)現在の場所や米軍の進路予想も考察

引き続き調査して報告します。

 

 

 

今後の動きは?

引き続き経過報告しますが、事前の台風対策もご案内します!

 

台風対策

・台風本体の雨雲がかかると、激しい雨の対策で、側溝や雨樋を掃除しましょう。

・窓や雨戸に暴風が吹き荒れる対策で、テープやベニヤ板で補強しておきましょう。

・飛ばされそうなものは、ロープで固定し、小さい物は室内に片付けましょう。

・大雨や高潮などで浸水しないように、土嚢を積みましょう。

・これらの作業は台風の中だと大変危険ですので、事前準備を心がけましょう。

 

まとめ

今回は台風18号たまご(2022年)は千葉に来る?現在の場所や米軍の進路予想も考察しました!

まだどのような展開になるか読めませんが、引き続き台風17号(2022年)は千葉に来る?現在の場所や米軍の進路予想も考察しますので、今回も被災しないよう、しっかりとした準備を整え、対策して命を守って下さい!

こちらも今回の台風が過ぎ去るまで、引き続き追いかけていきます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました