タトゥー芸能人(ロシア)の現在は?結婚や子供についても調査!

エンタメニュース
Pocket

今回はタトゥー芸能人(ロシア)の現在は?結婚や子供についても調査してみました!

現在ロシアというと、悲痛な戦争のニュースばかり思い浮かんでしまう悲しい情勢になってしまいましたが、今から20年前程にロシア発のタトゥー(t.A.T.u.)というアイドルデュオが、世界を席巻した事はご存知でしょうか?

2001年に発売したデビューアルバムは、世界中で750万枚のセールスを記録しました☆

挑発的で自由奔放が売りな彼女達が来日した際には、出演が決まっていた「ミュージックステーション」をドタキャンした事はご存知でしょうか?

日本人では「ミュージックステーション」をドタキャンなんてありえない話なので、生放送が売りの同番組のスタジオがざわついた事は、私も当時の記憶がいつでも蘇るほど衝撃的な出来事でした☆

そんな t.A.T.u.のメンバーの1人レーナ・カティーナが、5/1にInstagramで婚約した報告が入りましたので、タトゥー芸能人(ロシア)の現在は?と、結婚や子供についても調査してみました!

 

タトゥー芸能人(ロシア)の現在は?

タトゥーの活動を現在まで振り返ってみます☆

 

タトゥーとは?

初めは1998年に音楽プロジェクトを始める為に開かれたオーディションでレーナとユーリャの2人が選ばれて結成されました☆

最初は「タトゥー」でなく「プロジェクト」というグループ名でした☆

色々なスポンサーの獲得や、2人のレコーディング準備などを経て、2000年に「ヤー・サシュラー・ス・ウマー・日本訳:私はおかしくなった」が大ヒットして「タトゥー」は有名になりました☆

楽曲もさる事ながら、メンバー2人に同性愛の演技をさせた過激なプロモーションが話題となり、ムーブメントを巻き起こしました☆

2002年頃が1番の絶頂ではありましたが、ヴォーカル陣と制作陣の軋轢が生じてしまったり、ギャラ未払い問題などあり、制作陣の主要メンバーの脱退などがありました。

それ以降は国内では大ヒットといった曲が無かったものの、世界進出を果たして、日本では2003年にファーストアルバムが200万枚のヒットとなるなど、大成功を収めました☆

ただ対世界のブランディングにおいても自由奔放なスタイルを貫き続け、日本では先程お伝えしたように、「ミュージックステーション」の冒頭部分だけ出演して、歌唱のタイミングで行方をくらましてキャンセルしてしまったり、イギリスでの公演も直前でキャンセルしたりと、スタイルが諸刃の剣となってしまい、徐々にムーブメントも失速してしまう事になりました。。。

 

成功の後は?

自由奔放さが売りで起こしたムーブメントも、自由奔放さが原因で失速してしまう事になってしまいました。

少しずつ汚名返上に努めようと、残ったファンに対して地道なライブ活動を開催したりと取り組んでいましたが、2006年に発売した初のベストアルバム「THE BEST」も、日本のオリコンランキング初登場で186位と奮わず、日本でのリリースも最後になってしまいました。

どんな業界もそうですが、ムーブメントを起こす事より、保つ事の方がはるかに大変かと思いますが、当時を知る年代の私としても寂しさを感じてしまいました。。。

かといってお行儀よく立ち振る舞っていたら、あれ程の盛り上がりは無かったと思うと、成功する事と成功した後のバランス感覚というのは本当に難しいと感じさせられるのと、最前線の演者だけでなく、裏で支える制作陣との信頼関係も大事なんだと思い知らされました。

ベストアルバムの失敗後も、制作陣との不協和音も取り戻せず、リリース予定もずれ込みながら何とか活動を継続していましたが、2009年頃に解散の噂が流れ始めます。

2010年には解散を否定していましたが、2011年にタトゥー(t.A.T.u.)の活動休止発表となり、メンバー2人は各々ソロ活動をする事になり、2014年に解散を表明しました。

 

タトゥー芸能人(ロシア)の結婚や子供についても調査してみました!

自由奔放な活動が売りのタトゥー(t.A.T.u.)ですが、プライベートはどんな感じだったのか調査してみます!

 

2人のプライベートは?

冒頭でお話した通り、レーナは5月1日に婚約を発表しましたが、2013年に3年間交際していたセルビアのサーシャというミュージシャンと結婚して、2015年には第一子を出産しています☆

2019年には離婚してしまいましたが、現在は新しいパートナーと巡り会えて何よりでしたね☆

また自由奔放なキャラが先行してしまいますが、2007年からLGBTコミュニティへの支援活動を行っています。

精力的に愛や自由や寛容である事について語っていて、表向きのキャラとは違う暖かい内面も持ち合わせている事を感じさせてくれています。

比較してしまう事になりますが、ユーリャはタトゥー(t.A.T.u.)絶頂期の2003年で17歳の頃に妊娠中絶してしまったり、その後も様々な不倫や恋愛関係が報じられていました☆

公式では否定もされていましたが、2007年には2度めの妊娠から第一子の出産はされましたが、お相手とは結婚もしていないそうです。

その後も産後うつや整形の影響でコンサートを中止になってしまったり、本人が意図的に起こした事ばかりでは無いかと思いますが、レーナとは対照的にユーリャは自由奔放なタトゥー(t.A.T.u.)を体現しているように見えますね。

またこちらもレーナとは対照的で、かねてから同性愛を嫌悪しているようで、出演したTV番組などで、たびたびそのような発言をされているようでした。。。

2021年9月にはロシア下院選で同性愛宣伝禁止法を制定した党から、立候補する事が発表されファンから非難を浴びてしまいました。

 

2人の関係性は?

先ほどお伝えした通り、デビュー当時から制作陣との不協和音や偏った販売戦略によって、2人は成功を収めながらも、歪んだ状態での活動を強いられてきました。

人気者になって急落して、火消しに走るという扱いも待遇も様変わりした状態での活動は、とてもストレスになっていた事と思います。

その中で、自由奔放な公式活動に影響を受けて、タトゥー(t.A.T.u.)と反対の価値観を育んでいったレーナと、タトゥー(t.A.T.u.)と同じ価値観を育んでいったユーリャの考え方が対照的になった原因かもしれませんね。

ソロ活動をする事になった際も、レーナはユーリャを応援していたそうですが、ユーリャはレーナのプロジェクトを完全否定して非難していたそうです。。。

その上でというか、そこにも紐づきますが、LGBTに関する考え方も真逆になってしまっておりますので、長年一緒に活動する上でこのような逆に行く状態になっていったのか、元々の性質が真逆だったのか、もはやわかりませんが修復不可能なパーソナルな部分で相反してしまっているという事が判明しました。

 

まとめ

今回はタトゥー芸能人(ロシア)の現在は?結婚や子供についても調査してみました!

t.A.T.u.のメンバーの1人レーナ・カティーナが、5/1にInstagramで婚約した報告があったきっかけで、改めて振り返ってみましたが、偏った販売戦略が成功したものの、それが仇となり絶頂期からの急落。

もはや復権不可能な状態からの解散とソロ活動は、しょうがない流れかと思いましたが、生き方や考え方も真逆になってしまい、2人は和解不可能な状態になってしまった事が判明しました。

一般的に見て単純に仲良くしようよというのは不可能な事もあり、事柄だけを挙げるとレーナ寄りに記事を書いてしまっておりますが、デビューから長年の2人だけでなく色々な人間の思惑や、積み重ねがあってユーリャにも色々な想いがあった事でしょう。

ただ言える事は、華やかで成功と言われる世界ほど影があり、色々な人間の思惑があり、2人の生き方や考え方にも大きな影響を与えた事と思われます。

今回レーナの再婚発表とユーリャにも子供がいて、違う道を歩む2人ですが、いつかまた手を取り合って仲良く活動される事を願っております☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました