約ネバ実写版レイ役は下手?滑舌ひどいのか調査!

エンタメ
Pocket

今回は約ネバ実写版レイ役は下手?滑舌ひどいのか調査します!

初の地上波放映されました「約束のネバーランド」の実写版映画についてネタバレ注意ですが、私も含めて初めて実写版の「約束のネバーランド」を観た方から、「子どもたちが可愛かった」「鬼が怖かった」「渡辺直美さんの演技がネタ化している」や「正体もわからないまま松坂桃李さんを出すな」など、様々な反響がインターネットで騒がれていましたので、実際に約ネバ実写版レイ役は演技下手?で、滑舌はひどいのか調査してみます!

その中で原作の漫画を見ている私も1番に思ったのが、「レイ役の子が幼くてかわいすぎる。原作のレイはもっと悲壮感が漂ってクールだったのでは」でした。

ネットでも「演技下手」「話し方おかしい」と辛辣な意見が飛び交っておりましたので、今回は約ネバ実写版レイ役は下手?滑舌ひどいのか調査してみます!

 

約ネバ実写版レイ役は下手?

約ネバ実写版レイ役は誰が演じていて、実際に演技下手なのか調査してみます!

 

約ネバ実写版レイ役プロフィール

約ネバ実写版レイ役は城 桧吏(じょう かいり)さんで、作中はもっと小さかったように見えますが、現在は身長167cmで15歳です。

事務所はスターダストプロモーション所属(7歳でスカウト)で、子役時代から活躍されて色々な映画やドラマやCMに出演されています☆

同事務所所属の若手構成される、男性アーティスト集団「EBiDAN」の研究生メンバー内の「STA*M」でも活動されていましたが、今年の3月27日に俳優業に専念する為に卒業したそうです。

私見ですが、きれいな顔立ちながら、レイ役には少し明るく可愛すぎる印象でしたので、もう少し年齢も上で影や棘があった方が適役かと思いました。

キャスティングにはイメージ以外も色々な要素があるかと思いますので、仕方が無いのかなと思いますが、次は演技について考察してみます。

 

約ネバ実写版レイの演技について

今回の約ネバ実写版レイに対しての皆さんのマイナス意見をまとめると、

①滑舌が悪い ②セリフが棒読み ③声はアフレコで取り直していた?!

↑の3点が特に挙がっていました。

まず①に関して、滑舌が悪いのは後に触れますが声変わりに入っていたのでは?というお話と、まだ幼い城さんはあどけない雰囲気は得意でもクールな雰囲気作りは苦手だったのでは?と考察されます。

②に関しても同様ですが、今回のクールで無機質かつ理知的なレイを演じるにあたって、城さんが選択したのは、あえて感情を込めないよう棒読み風に演じられたのでは無いかと思います。

何度も言いますが、あどけなさの残る城さんで無ければそのような演技でもハマったかもしれませんが、城さんがレイを演じるには可愛すぎたのかなと考察します。

③は公式でも発表されていますが、撮影後に城さんが声変わりをしたために、なぜか改めてアフレコでレイの声を全て録り直したそうです。

それについては何でなんでしょうか?としか言えませんが、アフレコじゃない方が自然でしょうし、逆に良くなかったからアフレコにしたのか定かではありませんが、すぐにアフレコと気づかせない技術は素晴らしいにしても、自覚出来ないくらいの違和感がアフレコによって発生した可能性もありますね。

ご本人のインタビューでは、たくさん原作やアニメを見て顔の表現を研究したり、撮影時には監督とも原作のレイに雰囲気を寄せて、話し方やテンポを厳しく指導されながら落とし込んだそうで、涙ぐましい努力を重ねてもこのような評価になってしまう、とても厳しい世界だなと改めて感じさせられました。

それでもまだまだ深掘りしてみます☆

 

約ネバ実写版レイ役は滑舌ひどいのか調査!

本当に滑舌がひどいのか?現在の反響に関してもまとめてみました☆

 

なんで滑舌がひどいのか?

題名から、本当にひどいのか?という問いに対しては、皆さんの意見を総称すれば、今回はひどいと言わざるを得ません。

動画を見て頂くとわかりますが、私自身もひどいと思います。

ただ、城さんの演技良かった!レイに適役!という意見もありましたので、やはり受け手の感覚にもよりますので、満場一致でなく人によるといった見解になります。

また別の視点ではメインキャスト3人の内、城さんだけ歳が離れていたという事実もありました。

映画撮影時

エマ役(浜辺美波さん)19歳 ノーマン役(板垣李光人さん)18歳 レイ役(城桧吏さん)13歳

この年代の5~6歳差はとんでもないですよね。

また、他の方の年齢基準で見てしまうと、どうしても年下の城さんが幼く見えてしまうのは自然であり覆すのは難しい事であって、先程お伝えした通り城さんの責任というより、城さんをキャスティングした大人の方々に原因があるように見えます。

全体バランスを考えたら同年代で固めるのが良かったかと思いますが、城さんで良かったという声もありますので、人によってはこの配役で良かったのかもしれませんね。

 

現在もひどい滑舌なのか?

約ネバ実写版レイ役の現在もひどい滑舌なのか?の前に城さんの過去を振り返ってみると、2018年に狂気の名作「万引き家族」にも重要な役どころで出演されていて、その時は城さんの演技は絶賛されていたようです☆

役もキャスティングされたわけでなく、オーディションを勝ち抜いたそうです!

その他は、大河ドラマの「西郷どん」や「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」に出られたり、ABEMATVの「都会のトム&ソーヤ ぼくらの砦」では主演をこなされています。

「都会のトム&ソーヤ ぼくらの砦」は好評で、映画化もされました☆

また今夏公開の「GHOSTBOOK おばけずかん」でも、映画の主演が決まっております。

今回の「約束のネバーランド」では不評の声が多かったですが、オーディションを勝ち抜かれたり、他の作品では絶賛されていますね☆

CMにも何本も出演されていて、印象が良い証拠ですね☆

「約束のネバーランド」以降も順調にキャリアを重ねて、主演をこなされているのを見ると、「約束のネバーランド」が業界では足かせとなる無く事無く活躍されて、何よりでした☆

たくさん批判的な事を書いてしまいましたが、「約束のネバーランド」の撮影時が13歳、現在が15歳、まだまだ未来ある城さんのさらなる活躍を祈っています♪

 

まとめ

今回は約ネバ実写版レイ役は下手?滑舌ひどいのか調査させて頂きました!

その中で原作の漫画を見ている私自身も、「レイ役の子が幼くてかわいすぎる。もっと悲壮感が漂ってクールだったのでは」と思い調べたところ、

ネットでも「演技下手」「話し方おかしい」と辛辣な意見が飛び交っておりました。

さらにその意見を分類すると、①滑舌が悪い ②セリフが棒読み ③声はアフレコで取り直していた?!とありました。

なぜか撮影途中でなく、撮影後の声変わりによって、全てアフレコで撮り直した事は未だに不可解で解明出来ていませんが、レイ役城さんの原作に寄せる努力は十分にされた結果、感情を抑える為に逆に棒読みになってしまった。

滑舌自体も悪いのですが、アフレコによる違和感であったり、メインキャストの他2人と年齢差が5歳前後あって、幼さや舌足らずがより際立ってしまったと考察されます。

城さん自身は、出演をオーディションで勝ち抜かれていたり、他の作品では演技を絶賛されています。他の情報を確認しても作品ごとに大変な努力をされているようです。

結論として、ご本人の努力で埋められない年齢差のギャップや、不可解なアテレコで余計にやりづらくなってしまっていたようで、キャスティングに問題があった事が1番の原因との結論になりました。

ただ、レイ役は城さんで良かったとの声もありましたし、城さん自身は努力家で現在15歳とまだまだお若く多方面で活躍されています。

今回は約ネバ実写版レイ役は下手?滑舌ひどいのか調査させて頂きました!

「約束のネバーランド」レイ役で叩かれ気味でしたが、映画も続編を匂わせていましたので、次回の続編では色々なギャップを埋めて、大絶賛される事を祈っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました