八村塁の個人的理由ってなに?長期離脱した休止の理由について考察!

エンタメニュース
Pocket

今回は八村塁の個人的理由ってなに?長期離脱した休止の理由について考察してまとめました!

「個人的理由」で今季開幕前から戦列を離れていたワシントン・ウィザーズの八村塁が、1月9日(日本時間10日)待望の復帰を果たしてくれました。

21日までの7試合では平均8.1得点、3.7リバウンド。

17、19、21日には3試合連続10点以上記録して、上向きになってきています。

ここまで来るのに長い道のりでした。

「個人的な理由による欠場」で東京オリンピック以降、一切表舞台から姿を消しました。

10月中旬にはワシントンDC入りしましたが、今季はシーズン40戦目まで欠場するとは予想外でしたね。

連日に渡るオリンピックの疲れからなのか?

日頃から懸念されている、ハーフである事や妬みによる誹謗中傷によりうつ病になってしまったのではないか?

このままNBAプロバスケットボーラー八村塁は潰れてしまっていくのではないか?

八村塁の個人的理由や、長期離脱した休止の理由の経緯や展開が見えるのか考察していきます。

 

八村塁の個人的理由ってなに?

まずは経歴から遡ります。

 

八村塁の経歴

1998年2月8日生まれので現在24歳

身長は203cm、体重は104kg

現在はNBAのワシントン・ウィザーズに在籍

背番号は8

ポジションはフォワード

富山県出身でベナン人の父と日本人の母を持ち、小学校の頃は野球をやってましたが、八村少年の球を取れる人がいない為、野球の道を断念して、富山・奥田中学で本格的にバスケットボールを始めました。

2学年上には現テキサス・レジェンズの馬場雄大がいました。

宮城・明成高校では全国高等学校選抜優勝大会(現全国高等学校選手権大会)3連覇を達成して、在学中には日本代表候補に選ばれております

 

メディアの見解は?

現地メディアはどう考えているのでしょうか。

八村の大学時代から取材経験もある女性記者に意見を求めてみました。

「塁が“個人的な理由”で欠場した事は、私にとっては起こりうる事と思っていました。」

ウィザーズの番記者になる前は大学バスケも担当し、ゴンザガ大時代の八村を取材した経験もあるそうです。

大学時代から塁は恥ずかしがり屋なので、話をしてもらうのが大変でした。

もともと大人しい選手なので、今回も何かあっても話さないだろうと容易に想像できました。

復帰した後の久々の会見では、八村塁はよく笑っていて、「バスケットボールが大好きだと学んだ」と話しております。

それはつまり、今までバスケットボールがイヤだったという事で、色々な葛藤や考えさせられた事があった事を物語っているようです。

 

なぜ一切リークされなかったのか

今回の件で1番の驚きは、急な長期的欠場でなく欠場理由を周囲の人間が誰も話さなかった事です。

NBAやプロスポーツでは代理人から情報が漏れてしまう傾向にありますが、今回漏れがなかった事は、八村と周囲の信頼が厚くなった事でしょう。

チームが八村のことを支え続けられたという事は、元々信頼があるから思い切った休養ができて、帰る場所があると示し続けてくれたからだと思います。

今回の離脱で影響はあるかと思いますが、限界を超えているのに無理して出続けて潰れてしまうより、長期的目線で見れば必要な休息であった事でしょう。

 

八村塁の長期離脱した休止の理由について考察!

八村塁の現状と心境を探ります。

 

八村塁とチームの現状と今後

1月21日、渡邊雄太が属するトロント・ラプターズとの対戦で、八村は今季最長の19分50秒をプレーし、11得点、今季最多の8リバウンド。

渡邊との戦いは観客を大いに沸かせ、2人の再会や談笑には元気に戻ってこれたと印象付けられました。

この2人の対面は日本のファンのみならず、NBAの観客からも温かい目で見守っていました。今後とも良きライバルとして育ってほしい2人ですね。

無事に戻ってこれましたが、今度はどのようにチームへ貢献していくのか。

フォワード陣も層が厚くなったので、エースのブラッドリー・ビールですら平均プレー時間が少し減っていて、八村も今までのスタメン定着では無く、ベンチスタートから試合出場を狙う立場になります。

これまでとは違い、控えの仕事にどう適応するか?

ディフェンス面でも複数のポジションを守れるので、間違いなく貢献できるポイントはあると思います。

先ほども話した通り、フィジカルのコンディションは良い状態に見えますが、シーズン半ばにチームに加わり、今までのようにいきなり活躍するのは非常に大変な事でしょう。

 

八村塁の心境は

以下、八村塁のコメントです。

東京五輪以来6か月間も休んでいたので、また戻ってこれたこの瞬間を待ち望んでいました。

欠場中は個人練習で、チームのアシスタントコーチの1人と練習を継続してきました。

たくさん映像を見て、チームと一緒にいる感覚を取り戻すよう心掛けてました。

皆はたくさん助けてくれて、私が休んでいる間も衰えが来ないようにたくさんのサポートをしてくれていました。

私はバスケットボールを13歳から始めて、以降はノンストップでした。

離脱中はバスケットボールが本当に恋しく思いました。

自分のハイライトシーンも何度も観てました(笑)。

私はバスケットボールとそれに触れている自分自身が大好きなんだと改めて学びました。

離脱の原因は、あくまで個人的なこととお伝えします。

それについては話せませんが、当時の私は休む事が必要でした。

13歳の頃からノンストップで走ってきましたので、

それによって一旦休む事を選択したんです。

休んでいる間もチームでずっとトレーニングしてましたし、他の選手ともいろいろ相談しながら、僕自身も早く復帰したかったので、またみんなと合流出来たことを本当に嬉しく思っています。

足踏みして休んでしまった事にはなりますが、感謝を忘れずに少しづつ勘を取り戻しながら、また以前のようにチームに貢献できるよう、トライしていきたいなと思います。

まとめ

武尊の戦績に負けはある?負け試合や負けた相手を調査!

今回は八村塁の個人的理由ってなに?長期離脱した休止の理由について考察しました。

結論として、元々恥ずかしがり屋な性格なのもあり、本人や周囲は記者が聞いても理由は一切話さなかったので、真実は闇の中でした。

離脱理由についてわからない事が残念というより、わからないという事は、リークしなかった周りの人達が素晴らしかったという結果になります。

どのような著名人も裏では泣いていたり、色々な周辺環境に左右されてしまう事もあるかと思いますが、離脱中も個人練習を続けていて、バスケットボールが大好きだと再認識出来た事で、復帰後も出場機会が減ったとしても、与えられた時間内でしっかり活躍出来ていくはずです。

チームは以前より選手層が厚くなり、プレー時間は減少していますが、自分の売りをしっかりとアピールしてチームの生存競争に勝ち残ってもらいたいです。

八村塁の個人的理由ってなにか?長期離脱した休止の理由について考察した結果ですが、

たくさんの応援コメントの陰では、ハーフである事への差別や類まれな才能や成功への妬みから、たくさんの誹謗中傷を長年受け続けているそうですが、さらなる日本バスケットボールの礎を築いていけるよう、何にも負けず活躍される事を今後も応援しております!

日本バスケットボール界の宝として、新しい道を切り拓き続けて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました